対人関係の悩み相談掲示板

注:2009年8月29日よりプロキシ経由の書き込み不可としました。
※ご投稿につきましては、ご利用のお願いを必ずお読み頂きご理解、ご納得のうえご投稿して下さい。
管理人の判断で非難・批判・中傷・荒らし行為は削除をすることがあります。
※複数HN等目に余るあらし行為には管理人の判断でアクセス禁止処置をとることが有ります。あらかじめご了承ください。

     恋  愛 ┃ 結  婚 ┃ 夫婦家庭 ┃ 職場仕事 ┃ 対人関係 ┃ 自  分 ┃ 人  生 ┃ ホーム    
※ご投稿につきましては、ご利用のお願いを必ずお読み頂きご理解、ご納得のうえご投稿して下さい。
※無題のタイトルと匿名のお名前は削除対象です。httpはNGワードです。
※タイトル、お名前、内容、パスワード(8文字)は入力必要です。
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム ┃削除依頼  
14 / 546 ツリー ←次へ | 前へ→

熟年恋愛の家族の立場について。 時の旅人 13/4/2(火) 0:38
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 しんしん 13/4/2(火) 15:18
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 時の旅人 13/4/2(火) 22:42
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 マッスルおばさん 13/4/3(水) 12:53
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 時の旅人 13/4/4(木) 0:14
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 マッスルおばさん 13/4/4(木) 12:24
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 時の旅人 13/4/6(土) 0:41
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 しんしん 13/4/4(木) 10:45
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 時の旅人 13/4/6(土) 0:18
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 しんしん 13/4/6(土) 20:43
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 時の旅人 13/4/6(土) 23:23
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 命の母A 13/4/23(火) 19:13
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 時の旅人 13/4/23(火) 23:26
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 優しい時間 13/4/25(木) 16:03
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 時の旅人 13/4/25(木) 21:27
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 命の母A 13/4/26(金) 23:36
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 時の旅人 13/5/1(水) 22:32

熟年恋愛の家族の立場について。
 時の旅人 45〜49歳−男−会社員
 - 13/4/2(火) 0:38 -

引用なし
パスワード
   10年程前に母が他界後、しばらくして父は他人の女性と同棲。

その人は水商売経験者で、父より10歳程年下との事。

近日、他界している祖父母の実家に父は二人で戻る予定。

今までは父の人生であり口出ししませんでしてが、何の紹介もなく、また私自身あまり関わりたくなかった気持ちもあったのですが、妹の意見もあり人物確認の意味で話し合う場を設ける予定にしています。

誠実な人なら本人から父に家族を紹介してと言ってくる気もするのですが、今まで会って話をしたこともありません。

今後、入籍するのかしたのか、父に何かあった時その人はどんな行動をするのか、思い出のある祖父母の家とどう付き合う事になるのか、妹を含め冷静に話し合いできるのか、などが心配点。

ですが父の気持ちやその人の人間性がわからない以上、結論がその場で出てくるとは思っていません。

よろしければ皆様のご意見、再びお聞かせ下されば幸いに存じます。

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 しんしん 55〜59歳−−
 - 13/4/2(火) 15:18 -

引用なし
パスワード
   ▼時の旅人さん:

「熟年恋愛」という表現は
時の旅人さんからみたお父さんとその女性の関係ということなんでしょうかね。

>誠実な人なら本人から父に家族を紹介してと言ってくる気もするのですが、今まで会って話をしたこともありません。
だからと言ってその女性が「誠実な人ではない」という前提にはならないでしょうし、
親兄妹のかかわり方やあり様はその数だけいろいろあるだろうと思います。

自分がして欲しい行為や言って欲しい言葉があるなら「まず自分の方から」という考え方で想像してみると
時の旅人さんのほうからお父さんに、
自分と妹さんとその女性の紹介方々の接触を促すことも可能だったのではないかと思いました。
現実には、
ご自身が「あまり関わりたくなかった気持ちもあった」とのことですし
もしかしてもしかすると
その女性はお父さんに「家族を紹介して」欲しいと伝えたことがあったかもしれないですよね。

>今後、入籍するのかしたのか、父に何かあった時その人はどんな行動をするのか、思い出のある祖父母の家とどう付き合う事になるのか、
お父さんの考えを知ることができるいい機会になりそうですし、
自分には何ができて何ができないのか、自分の希望することはお願いしたいことは・・・等々
妹さん共々いろいろ話し合ったり考える機会にもなるといいですね。

>父の気持ちやその人の人間性がわからない以上、結論がその場で出てくるとは思っていません。
そうですよね、
会ってみての第一印象ならすぐわかるでしょうけど、人間性となるとわからないのはお互い様で
そのあたりは
10年近くお父さんの身近にいて過ごしてきた人ということで、これまた「自分の方から」好意的に接していくうちにわかることがあるんじゃないかと思います。

これまでがどうであったかということより
この先どういう係わり合いがお互いにとって心地よいのか、結論アリキでなくとも
紡ぎ合い築き合い見守りあい助け合い協力し合い親密にあるいは距離を保って・・・
臨機応変に柔軟に、みなさんが暖かく幸せな気持ちをたくさん感じられるようになるといいですね。

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 時の旅人 45〜49歳−男−会社員
 - 13/4/2(火) 22:42 -

引用なし
パスワード
   ▼しんしんさんへ:

貴重なご意見、ありがとうございます。

やはり先入観を持って臨んではいけませんね。ただ、相手の方の人間性しだいで、最悪のケースも想定しておかなくてはと一抹の不安を抱えているしだいです。

またご指摘の通り、自分たちは母親や祖父母の家への思いから過去にこだわっている部分があるので、こちらから(特に妹は父に似て激しい性格なので)感情的にならないように気を付けたいとは思っています。

投稿した甲斐がありました。参考にさせて頂きます。m(__)m

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 マッスルおばさん 55〜59歳−女−会社員
 - 13/4/3(水) 12:53 -

引用なし
パスワード
   ▼時の旅人さん:

しんしんさんから穏やかな返信があったのを拝見しました。
初めての対面が、お互いに会って良かった、と思えるものであることを私も祈ります。

が、
私は実際的な人間なので、もう少し、違う点が気になります。
時の旅人さんのご心情にはそぐわないかもしれませんので、関係ないと思われたら読み捨ててください。

熟年(高齢)の親の再婚(入籍するとして)について、もし、私が貴方の立場だったら「介護と相続」のことが大事な判断ポイントです。

お父様のお相手は、そのあたりをどう考えていらっしゃるのか、初対面からズケズケは聞けないでしょうが、さりげなく、お相手の人間性をたしかめる話をして欲しいなと感じます。

また、貴方の投稿から、お二人が、お祖父さまお祖母さまの家に住むことについて、貴方に抵抗を感じる部分があるように思います。
その家が、貴方の思い出の住まいとして、また財産的にも貴重なものであるならば、
もしお父様が亡くなったら、貴方や妹さんのものになるようにしたいですよね。

お父様がその女性と入籍することに反対する権利は、あなた方には残念ながら無いのですが、
再婚と同時に、あなた方のために遺言を書いておいてもらうくらいは、お父様に要求しても良いのではないでしょうか?

お相手がそれに反対するようなら、財産目当てだと判断せざるを得ませんものね。

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 時の旅人 45〜49歳−男−会社員
 - 13/4/4(木) 0:14 -

引用なし
パスワード
   ▼マッスルおばさんさんへ:

こちらにてもするどいご意見を頂き、ありがとうございます。家庭問題が出てくるときは、一度にいろいろと噴出してくるものですね・・・。

おっしゃる通り1、相手の人間性・家族関係を確かめる2、入籍について自分たちの反対の意見(権利は無いですが)を伝え、父親と相手の考えを聞く、の二点を話す場と想定していたところです。

ただ遺言依頼は考えていませんでした。なかなか切り出しにくい案ですが、自分たちが何をしたいのかをよくよく頭を整理して、一つの案として参考にさせて頂きたいと思います。

貴重なお時間に、恐縮の限りです。ありがとうございました。m(__)m

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 しんしん −−
 - 13/4/4(木) 10:45 -

引用なし
パスワード
   ▼時の旅人さん:

私には似たような経験がないので、
親の立場でも子供の立場でも、ひとりよがりの価値観でどう想像してみたところで根本からずれているのかもしれませんが
そもそも今頃になって、
↓のような場を設ける話になったのはどういういきさつだったのでしょう。

>1、相手の人間性・家族関係を確かめる
>2、入籍について自分たちの反対の意見(権利は無いですが)を伝え、父親と相手の考えを聞く、の二点を話す場と想定していたところです。

あなたや妹さんの結婚相手に対しても、お父さんはそういうことをされたのでしょうか?
結婚前にそういうことはなかったとして、今になって、
あなた方にそういう態度で臨んでこられたとしたらどんな気持ちがするでしょうね。

お母さんが亡くなったことは、あなたにも妹さんにも大変な深い悲しみだったと思いますが
30数年あるいは40年近く夫婦、家族としていろいろな年月を共に過ごしてきた妻に先立たれたお父さんの心情は、また違う痛みもあったんじゃないでしょうか。

お父さんとその女性の出会いから今に至ることは何も知りませんし、10年近く同棲されていた場所がどちらかの家なのかどうかも知りませんけど、そういう状態は内縁関係とか事実婚というのかもしれないですよね。
少なくとも
これまでの10年近くの年月を、様々な理由があってのことでしょうけれど
4人の大人が接触する機会を設けないまま過ごしてきたというのは事実ですよね。

子供としての権利はあるけれども義務もあり
子供の立場であるけれども親の立場でもあり・・・

文字だけからの情報で私の受け取り間違いや理解不足かもしれないですが

>相手の方の人間性しだいで、最悪のケースも想定しておかなくてはと一抹の不安を抱えている
それは性急すぎる思惑じゃないかなぁ・・・と感じました。

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 マッスルおばさん 55〜59歳−女−会社員
 - 13/4/4(木) 12:24 -

引用なし
パスワード
   ▼時の旅人さん:

>入籍について自分たちの反対の意見(権利は無いですが)を伝え、父親と相手の考えを聞く、の二点を話す場と想定していた

まだお相手に会ってもいないのに、入籍に反対しようと考えていらっしゃるのですか?
それはどうして?

貴方の年齢から推して、お父様はすでに老年でいらっしゃることと思いますが、
お母様亡き後の10年間、あなた方はお父様の暮らしに「口出しせず」、これを別の言い方をすれば「なんのお世話もせず放っておいた」わけですよね?
一緒に暮らしていたお相手と「会ったこともない」ということは、お父様を訪ねて行きもしなかったのでは?

今になって、どんな顔して反対と言えるのでしょうか?妹さんも同じです。

私の昨日の返信は、入籍に反対する権利はないのだからお二人の関係をそのまま認めて、その上で、財産のことが心配ならば・・・というものだったのですが。

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 時の旅人 45〜49歳−男−会社員
 - 13/4/6(土) 0:18 -

引用なし
パスワード
   ▼しんしんさんへ:

まずは限られた文章の投稿にご意見頂きました事、申し訳なくまたありがたく存じます。

追伸すれば、母が病気療養中から、父の借金が発覚するは、(相手不明)浮気の疑惑は出てくるは、また今の同棲女性は初めのうちは離婚もしていなかったは、と父に対し不信感を(特に妹は)募らせ今日に至っています。

借金や浮気疑惑は病人でありながら母の明るさと包容力でサッサと解決したのですが、それらを含め苦労ばかりで早くに他界したこと。

また筋道に関して自分らに厳しく教育してきた父自身のあやふやな行動。

あるいは経緯上母親の分骨が家にあったので近くに(私は父と同じ市内在住)埋葬を働き掛けたのですが、「このままでいい」と使われない部屋の片隅に写真と一緒にそのまま状態。

たとえ親子と夫婦との立場の違いを頭で分かっていても心情的にやるせいないし、そこに同棲している相手の神経を疑ってしまう状況です。

とは言っても私はたまに親戚の法事や父の日などで会っていましたが、同棲相手はいつも不在でした。

で今回父は退職を機に、遠方の実家に二人で戻ることにした様子(それも妹や叔父叔母からの又聞き)。妹が言い出さなければ、そんな状況のままだったわけです。

まあ今時は離婚夫婦同士のニューファミリーもあるかとは思いますが、自分らには今までの経緯などから今さら新たな家族関係を築きたいとは思っていないのです。

本人同士の生き方に干渉は考えませんが、家族関係に火種を残すようなことはしてほしくないのです。(例えば僅かばかりの財産の話が出てきた途端に、突然全く知らないハゲタカのような親族が現れるなど)

順番で逝くなら父か相手の一方が他界すれば、残った子供家族が自分の親を世話して生きていければシンプルでいいのではと思うのですが、どうなんでしょう。

そんなこんなで話し合いに、二点を考慮して臨もうかと思っているしだいです。

わざわざのご意見恐れ入ります。ありがとうございました。

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 時の旅人 45〜49歳−男−会社員
 - 13/4/6(土) 0:41 -

引用なし
パスワード
   ▼マッスルおばさんさんへ:

拙い文章にご意見頂きまして、恐縮です。

今までの背景については追伸の投稿をしましたので、もし見て頂けるようでしたらご高覧願います。

また私の理解不足のご指摘、ありがとうございました。

それにしても最近続けて家庭生活や家族関係に振り回されて、少々疲れて参りました・・・。

失礼いたしました。

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 しんしん 55〜59歳−女−
 - 13/4/6(土) 20:43 -

引用なし
パスワード
   ▼時の旅人さん:

いろいろないきさつがあったようですが
先延ばしになっていた親子間の問題をこれ以上伸ばさないほうがいいところに来た、あるいは
何かしらの認識を新たにしたほうが良い状態になった、と捉えることもできそうに感じます。

お父さんが遠方の祖父母宅を終の棲家と考えていらっしゃるとすると、
時の旅人さんご夫婦家族が、同市内だという現在のお父さんの家で生活することは考えられないことなんでしょうか?
・・・と≪夫婦家庭≫でのご相談を拝見し、余計なことまで妄想してしまいましたが・・・

>本人同士の生き方に干渉は考えませんが、家族関係に火種を残すようなことはしてほしくないのです。
そうでしょうね。
マッスルさんがすでに書かれていたように、遺言依頼も考えた方がいいんじゃないでしょうか。
死んでしまった人は何も言えず、何一つ持ってもいけず、、、、
実の兄妹間ですら、気持ちの行き違いが生じる火種になることもありますから。


>自分らには今までの経緯などから今さら新たな家族関係を築きたいとは思っていないのです

>順番で逝くなら父か相手の一方が他界すれば、残った子供家族が自分の親を世話して生きていければシンプルでいいのではと思うのです
上記二つは
矛盾するようにも受け取れますけど、もしかして自身の老後のイメージがそうなんでしょうか?
仮に
老老介護状態になったらどうするのか? お父さんが一人残られたら? お墓は?
どこに住んで誰がどんなお世話をするの? お金の問題は・・? 等々
いつどうなるか知れない事柄に、あなたと妹さんの間で結論は出そうでしょうか。

話し合いで決めたとしてもそのとおりにならない・できないこともあるかもしれないし
後々になって、変えたほうがいいことだってあるかもしれないことを思うと
もっとざっくばらんに電話連絡したり、行き来する機会をふやしたりして
お互いの状況や人間性を知り理解が深まり、あわよくば…いい想い出作りができるといいかもな〜くらいの、今現在を心地よく過ごす心つもりでいるほうが、いくらか心が開放的になる気がしますけど、そうもいかないんでしょうかね。

本人でないとわからないこと、たとえばお母さんが感じられた喜びや幸せを想像したとき、
「苦労ばかりで早くに他界した」という認識だとすると悲哀に偏ってしまいますよね。
お父さんもお母さんもともに、
喜怒哀楽悲喜こもごも懸命に生きてこられたのだ、と丸ごと受け止めようとしてみると
暖かいものを感じたり、違うものも見えてくるように、私は思います・・。

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 時の旅人 45〜49歳−男−会社員
 - 13/4/6(土) 23:23 -

引用なし
パスワード
   ▼しんしんさんへ:

長い文章にお付き合いのうえ、ご意見頂き恐れ入ります。

父親との同居の案、一つの考え方と思いますが・・・、いろいろ難しい。

楽しく生きるための「知恵」と「大きな心」、自分には足りないのでしょう。

こちらでの投稿や皆様のご意見、誠にありがたく存じます。

最近立て続けの家庭家族問題に少々参りました。

ありがとうございました。

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 命の母A −−
 - 13/4/23(火) 19:13 -

引用なし
パスワード
   夫の親族で「事実婚」をしているカップルがいます、二人とも60代。

入籍しないのは子供たちが反対して、結果として「ややこしい事になりそうだから入籍はしない」となりました。

やはり男性が妻を亡くしています。
子供たちと孫たちは「亡き母親の墓に入るつもりがあるのか?」を突き付けたら「私にも子供と孫が居るので参拝が難しくなる」とのことでした。
女性が離婚していることから、相続や介護の問題よりも「母親死亡の場合、墓をどうするか?」で女性の子供たちが揉めたようです。

確かに再婚相手の名字になった母親の墓に、前妻も母親の再婚相手も母親もと言うのは子供たちには複雑でしょうから。

入籍すると子供も孫も他人は通せません。
誰が介護するのか?
家をどうするのか?
最悪な場面を想定して、墓に入っている亡き母親の事も考慮して考えるようにすすめないと、結局残された子どもや孫の世代で恋愛が恨み辛みに変化しないように話をしてほしいと思います。

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 時の旅人 45〜49歳−男−会社員
 - 13/4/23(火) 23:26 -

引用なし
パスワード
   ▼命の母Aさんへ:
 
こちらにても、ご意見頂きありがたく存じます。事実婚のお知り合いの方、ある意味うらやましいです。自分たちだけでなく今後の周りの家族との関係の気遣いや、家やお墓の事など。

先日、私と妹と父と同居女性の顔合わせを致しました。

悪い想定通り、良識のある女性とは思えませんでした。今までの経緯やこれからの事を考えると、賛成も反対もないが、すぐの入籍は同意しない気持ちを伝えたところ、突然泣き出し○○に帰るとかで一旦その場を出て行き、戻ったらタバコをすぱすぱ・・・。

結局、父が今まではっきりした話をしなかったことが良くないと場を収めてしまいましたが、後日電話で「おまえらの態度はなんだ」とか「入籍は俺が決める事だ」とか、同居人に言われてかどうか分かり切った事をブツブツ喋っていました。

同居人は突っ込んだ話もされたくなかったのかもしれませんが、それでも相手の氏名、子供も孫もいる事が分かっただけでも収穫かもしれません。

昨年同居女性に会った両親の兄妹(叔母)(祖父母宅近隣に在住)にも印象を電話で聞いたのですが、あまり良い雰囲気ではありませんでした。

まもなくの転居前に、もう一度行って一部荷物の引き取りをする予定です。

どうやらこのまま転居→祖父母の家に同居→いつのまにか入籍→その後?となりそうですが、なにか他に事前に手を打つ事柄はありますでしょうか。

今後を考えると、最近妹も私もかなりストレスを感じる日々になってきています。

皆様の再びのご意見、お寄せ頂ければ幸いです。m(__)m

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 優しい時間 50〜54歳−男−自営業
 - 13/4/25(木) 16:03 -

引用なし
パスワード
   ミッドエイジクライシスというのがあります。
つまり人生の晩年を迎え、生きる目標を失い挫折感に陥ることを意味するのですが、
男にとって一般的には結婚をして、伴侶を得て、そして子供が生まれ、それを養育。そして家族の為に渾身となり仕事に従事することがアイディンティーであった訳です。
でも、定年退職して、あるいは妻と離婚や死別があったり、子供が成長して親離れ自立して、関係が疎遠となり。。。生きる目的を見失ってしまう。。。
そんな境地の時、或る女性と出逢い、思慕し恋仲となった。。。
それはその方にとっての孤独なこころの枯渇した喉を潤す岩清水ではかなったかと。。。

私は貴方のお父様にそのような感慨を感じました。
お父様にとって、今はその女性は「生きるための糧」だと感じました。
多分、その方を失えば、お父様は絶望なされるやも知れないと(生きる気力を失い、老化が加速)。。。
それは常識や倫理で斟酌出来るものではなく、主体となるこころの叫びともいえるような?。。。

貴方や妹さん(息子と娘)とお父様の関係ですが、この事象に至るまではあまりいい関係ではなかった。
お母様との関係は良好であったようでもありますが、父親とは確執もあった。。。
お父様にとってその事実は伴侶を亡くした上、子供たちとも疎遠。。。
きっと、深い寂寥感を感じておられたのではないでしょうか?。
財産や家督。。。もう、お父様にとってはさほど価値のないものになっておられるようにも思います。
その女性と入籍することで、現実的な相続問題などの概念さえ、具体的意識は希薄だと思います。つまり、ベタに申せば「もう、どうでもいい」訳です。

とにかく、その女性と共に暮らしたい、そして残りの人生を、その女性と全うしたい(老後の生活)との思いではないではないでしょうか?。つまりお父様にとって(妻を亡くし、子供らとは疎遠)の最後の「居場所であり慰め」かと。

貴方や妹さんにとって、その女性像はいかがわしく感じられるのは自然な感覚だと思いますが、お父様にとっては逆に救世主ではないかと感じます。
今のお父様にとって、どんな女性(息子や娘から嫌悪される人格)であれ、一番未直で、一番癒し合える方ではないかと思っておられるのではないかと思います。
貴方や妹さん、そして亡きお母様の思念とお父様とその女性との関係をヒューリステックなアプローチは難しいと存知ます。

家族が細分化して人間関係も複雑化すれば、財産問題や扶養義務など法的なコンセンサスは困難を増すとは思いますが、俯瞰で捉えて、ファジーに考えてフリーハンド(自由な裁量)で見据えてはどうですか?(論理的に斟酌させても解決案は見出せないならば)。
まあ、お父様の好きにさせておけばともなる訳ですが、「その女性にお父様の全てを一任」されたらどうでしょうか?。
そして、貴方と妹さんは、ご自分のご家族のことを第一に集中なされたらよいかと思います。
そのことでお父様と尚更、疎遠ともなる要因とぜずに、お孫さんらを軸に「割り切った良好な関係」を築かれたらいかがかと存知ます(二次元的な情報の付与を重ねて、ネガティブな概念を排除して、ポジティブなイディオムに生成させていくように)。
或る意味、「新しい親子関係」の擁立を。。。

貴方や妹さんにとっては「卑しい女性」に見えてはいても、お父様にとっては「かけがえのない存在」とも言えますからね。
男と女とは矛盾に満ちています。こころの問題を現実に照らし、ルーティンさせることは難しい。。。
貴方や妹さんいとってはお父様は「父親」ではありますが、その女性にとっては「男」なのですから。
でもやはり、「マインド」は優先されるべきではないでしょうか?(愛の大義で)。
思考の転換を計れば、もしかしてその女性とも良好な関係にも導かれるやも?。。。(義母と自覚せずに父の恋人、GFと認識する)
そしてそれが相乗して、お父様も元気になられ貴方や妹さんとも柔和な関係になれるやも知れませんね。
貴方も妹さんもお父様もその女性も、誰しも「しあわせ」になる権利はあるのだから。。。
また、それを求めて希望を抱くことは、人として生き甲斐ともなる。
反感よりも穏やかな心でもって自己コントロールなさってくださいね。
そうすれば、おのずとしあわせの機運は増すものだから。。。
先のことは、その都度考えていけばいい。

愛に準づれば、余慶あり。。。

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 時の旅人 45〜49歳−男−会社員
 - 13/4/25(木) 21:27 -

引用なし
パスワード
   ▼優しい時間さんへ:

こちらでもご意見お寄せ頂き、ありがとうございます。

自分も似たような事を考えておりました・・・。

そう考えると今まで自分の育った周りの親族との関係が、泥臭い人もおらず、とても幸せな環境だったのだなぁ〜と改めて感じています。

自分の家族もそうですが、もっと「今」を大事にして生きたいものです・・・。

ありがとうございました。

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 命の母A −−
 - 13/4/26(金) 23:36 -

引用なし
パスワード
   >同居人は突っ込んだ話もされたくなかったのかもしれませんが、それでも相手の氏名、子供も孫もいる事が分かっただけでも収穫かもしれません。

常識的では無い人!という前提で、父親に「相手の子供と孫にも会いたい」と提案してはどうでしょうか?

相手の子供にしたら、死別で墓や仏壇を母親が守り、同じものに入るのか?
相手の子供である貴方が反対しているのに、母親の再婚を許せるのか?も子供同士として聞いてみてはどうでしょうか?

祖父母の家に越すと言う事ですが、そこの名義は父親なのでしょうか?
父親の兄弟姉妹がいるなら、相続は平等に。
その女性と住むなら、兄弟にきちんと支払いしてでも二人で住めば良いかと思います。

父親にも聞きましょうね、介護や墓守にタッチしないから再婚するのなら祖父母の家を再婚相手の名字にして相続して、墓も二人用の物を建てて、女性の子供に墓守してほしいと。


>どうやらこのまま転居→祖父母の家に同居→いつのまにか入籍→その後?となりそうですが、なにか他に事前に手を打つ事柄はありますでしょうか。

子供の反対を押し切り、再婚するならせめて相手の婿になるという形をとって
子どもや孫と縁を切って、相手や相手の前の夫の子どもと孫に良くしてもらう事を約束してもらいませんか?

勝手に再婚はするけど、再婚相手と家族と仲良くして墓守や仏壇まで押し付けるような父親なら縁を切って、亡き母親だけを親にすると宣言されては?

亡き祖父母の家の相続の問題も出て来ますね。
失礼な話、父親が亡くなると再婚相手にも権利が出てくる「妻」という立場は厄介ですが、逆に再婚相手の女性が亡くなった場合にまた一人になったから息子が面倒看るのは当たり前とまた、いきなり親の顔をされても困ると思います。

再婚するなら、相手の名字になりこちらとは絶縁でと提案したら父親は?再婚相手は?困らないでしょうか。

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 時の旅人 45〜49歳−男−会社員
 - 13/5/1(水) 22:32 -

引用なし
パスワード
   ▼命の母Aさんへ:

ご意見頂きましたのに、コメント遅くなり誠に申し訳ありません。
言い訳すれば、転居前の多少の母親遺品の形見分けと妹宅への運び込み、私自身のかぜによる体調不良でトホホ状態でした。

そして追い打ちかけるように、母の分骨の措置について父と家族で一騒動・・・。
といった状況、ご理解願います。

>常識的では無い人!という前提で、父親に「相手の子供と孫にも会いたい」と提案してはどうでしょうか?
>
>相手の子供にしたら、死別で墓や仏壇を母親が守り、同じものに入るのか?
>相手の子供である貴方が反対しているのに、母親の再婚を許せるのか?も子供同士として聞いてみてはどうでしょうか?
>
→相手の子供家族の意見もそれとなく聞いたのですが、嘘か誠か同居女性曰く「賛成」との事でしたが、事実を確かめる意味では必要なご意見かもしれません。

>祖父母の家に越すと言う事ですが、そこの名義は父親なのでしょうか?
>父親の兄弟姉妹がいるなら、相続は平等に。
>その女性と住むなら、兄弟にきちんと支払いしてでも二人で住めば良いかと思います。
>
→するどいご指摘。妹が確認して父の妹(叔母)2人と法廷相続したままとの事でした。その点では、すぐに勝手な行動はありえないと思って、少しホッとしています。

>父親にも聞きましょうね、介護や墓守にタッチしないから再婚するのなら祖父母の家を再婚相手の名字にして相続して、墓も二人用の物を建てて、女性の子供に墓守してほしいと。
>子供の反対を押し切り、再婚するならせめて相手の婿になるという形をとって
>子どもや孫と縁を切って、相手や相手の前の夫の子どもと孫に良くしてもらう事を約束してもらいませんか?
>勝手に再婚はするけど、再婚相手と家族と仲良くして墓守や仏壇まで押し付けるような父親なら縁を切って、亡き母親だけを親にすると宣言されては?
>亡き祖父母の家の相続の問題も出て来ますね。
>失礼な話、父親が亡くなると再婚相手にも権利が出てくる「妻」という立場は厄介ですが、逆に再婚相手の女性が亡くなった場合にまた一人になったから息子が面倒看るのは当たり前とまた、いきなり親の顔をされても困ると思います。
>再婚するなら、相手の名字になりこちらとは絶縁でと提案したら父親は?再婚相手は?困らないでしょうか。

→今後、父と相手女性の行動を見ながら、その後の事を適時考えていくつもりです。場合によっては上記ご意見のような厳しい行動の判断に迫られるかもしれません。

改めまして、いろいろご意見投稿して頂きありがとうございました。御礼申し上げます。m(__)m

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム ┃削除依頼  
14 / 546 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.
※投稿記事の削除は該当記事のパスワード入力欄にパスワードを入力して「削除」をクリックしてください。
     恋  愛 ┃ 結  婚 ┃ 夫婦家庭 ┃ 職場仕事 ┃ 対人関係 ┃ 自  分 ┃ 人  生 ┃ ホーム