対人関係の悩み相談掲示板

注:2009年8月29日よりプロキシ経由の書き込み不可としました。
※ご投稿につきましては、ご利用のお願いを必ずお読み頂きご理解、ご納得のうえご投稿して下さい。
管理人の判断で非難・批判・中傷・荒らし行為は削除をすることがあります。
※複数HN等目に余るあらし行為には管理人の判断でアクセス禁止処置をとることが有ります。あらかじめご了承ください。

     恋  愛 ┃ 結  婚 ┃ 夫婦家庭 ┃ 職場仕事 ┃ 対人関係 ┃ 自  分 ┃ 人  生 ┃ ホーム    
※ご投稿につきましては、ご利用のお願いを必ずお読み頂きご理解、ご納得のうえご投稿して下さい。
※無題のタイトルと匿名のお名前は削除対象です。httpはNGワードです。
※タイトル、お名前、内容、パスワード(8文字)は入力必要です。
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム ┃削除依頼  
14 / 546 ツリー ←次へ | 前へ→

熟年恋愛の家族の立場について。 時の旅人 13/4/2(火) 0:38

Re:熟年恋愛の家族の立場について。 優しい時間 13/4/25(木) 16:03
Re:熟年恋愛の家族の立場について。 時の旅人 13/4/25(木) 21:27

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 優しい時間 50〜54歳−男−自営業
 - 13/4/25(木) 16:03 -

引用なし
パスワード
   ミッドエイジクライシスというのがあります。
つまり人生の晩年を迎え、生きる目標を失い挫折感に陥ることを意味するのですが、
男にとって一般的には結婚をして、伴侶を得て、そして子供が生まれ、それを養育。そして家族の為に渾身となり仕事に従事することがアイディンティーであった訳です。
でも、定年退職して、あるいは妻と離婚や死別があったり、子供が成長して親離れ自立して、関係が疎遠となり。。。生きる目的を見失ってしまう。。。
そんな境地の時、或る女性と出逢い、思慕し恋仲となった。。。
それはその方にとっての孤独なこころの枯渇した喉を潤す岩清水ではかなったかと。。。

私は貴方のお父様にそのような感慨を感じました。
お父様にとって、今はその女性は「生きるための糧」だと感じました。
多分、その方を失えば、お父様は絶望なされるやも知れないと(生きる気力を失い、老化が加速)。。。
それは常識や倫理で斟酌出来るものではなく、主体となるこころの叫びともいえるような?。。。

貴方や妹さん(息子と娘)とお父様の関係ですが、この事象に至るまではあまりいい関係ではなかった。
お母様との関係は良好であったようでもありますが、父親とは確執もあった。。。
お父様にとってその事実は伴侶を亡くした上、子供たちとも疎遠。。。
きっと、深い寂寥感を感じておられたのではないでしょうか?。
財産や家督。。。もう、お父様にとってはさほど価値のないものになっておられるようにも思います。
その女性と入籍することで、現実的な相続問題などの概念さえ、具体的意識は希薄だと思います。つまり、ベタに申せば「もう、どうでもいい」訳です。

とにかく、その女性と共に暮らしたい、そして残りの人生を、その女性と全うしたい(老後の生活)との思いではないではないでしょうか?。つまりお父様にとって(妻を亡くし、子供らとは疎遠)の最後の「居場所であり慰め」かと。

貴方や妹さんにとって、その女性像はいかがわしく感じられるのは自然な感覚だと思いますが、お父様にとっては逆に救世主ではないかと感じます。
今のお父様にとって、どんな女性(息子や娘から嫌悪される人格)であれ、一番未直で、一番癒し合える方ではないかと思っておられるのではないかと思います。
貴方や妹さん、そして亡きお母様の思念とお父様とその女性との関係をヒューリステックなアプローチは難しいと存知ます。

家族が細分化して人間関係も複雑化すれば、財産問題や扶養義務など法的なコンセンサスは困難を増すとは思いますが、俯瞰で捉えて、ファジーに考えてフリーハンド(自由な裁量)で見据えてはどうですか?(論理的に斟酌させても解決案は見出せないならば)。
まあ、お父様の好きにさせておけばともなる訳ですが、「その女性にお父様の全てを一任」されたらどうでしょうか?。
そして、貴方と妹さんは、ご自分のご家族のことを第一に集中なされたらよいかと思います。
そのことでお父様と尚更、疎遠ともなる要因とぜずに、お孫さんらを軸に「割り切った良好な関係」を築かれたらいかがかと存知ます(二次元的な情報の付与を重ねて、ネガティブな概念を排除して、ポジティブなイディオムに生成させていくように)。
或る意味、「新しい親子関係」の擁立を。。。

貴方や妹さんにとっては「卑しい女性」に見えてはいても、お父様にとっては「かけがえのない存在」とも言えますからね。
男と女とは矛盾に満ちています。こころの問題を現実に照らし、ルーティンさせることは難しい。。。
貴方や妹さんいとってはお父様は「父親」ではありますが、その女性にとっては「男」なのですから。
でもやはり、「マインド」は優先されるべきではないでしょうか?(愛の大義で)。
思考の転換を計れば、もしかしてその女性とも良好な関係にも導かれるやも?。。。(義母と自覚せずに父の恋人、GFと認識する)
そしてそれが相乗して、お父様も元気になられ貴方や妹さんとも柔和な関係になれるやも知れませんね。
貴方も妹さんもお父様もその女性も、誰しも「しあわせ」になる権利はあるのだから。。。
また、それを求めて希望を抱くことは、人として生き甲斐ともなる。
反感よりも穏やかな心でもって自己コントロールなさってくださいね。
そうすれば、おのずとしあわせの機運は増すものだから。。。
先のことは、その都度考えていけばいい。

愛に準づれば、余慶あり。。。

Re:熟年恋愛の家族の立場について。
 時の旅人 45〜49歳−男−会社員
 - 13/4/25(木) 21:27 -

引用なし
パスワード
   ▼優しい時間さんへ:

こちらでもご意見お寄せ頂き、ありがとうございます。

自分も似たような事を考えておりました・・・。

そう考えると今まで自分の育った周りの親族との関係が、泥臭い人もおらず、とても幸せな環境だったのだなぁ〜と改めて感じています。

自分の家族もそうですが、もっと「今」を大事にして生きたいものです・・・。

ありがとうございました。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム ┃削除依頼  
14 / 546 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.
※投稿記事の削除は該当記事のパスワード入力欄にパスワードを入力して「削除」をクリックしてください。
     恋  愛 ┃ 結  婚 ┃ 夫婦家庭 ┃ 職場仕事 ┃ 対人関係 ┃ 自  分 ┃ 人  生 ┃ ホーム