職場仕事の悩み掲示板

注:2009年8月29日よりプロキシ経由の書き込み不可としました。
※ご投稿につきましては、ご利用のお願いを必ずお読み頂きご理解、ご納得のうえご投稿して下さい。
管理人の判断で非難・批判・中傷・荒らし行為は削除をすることがあります。
※複数HN等目に余るあらし行為には管理人の判断でアクセス禁止処置をとることが有ります。あらかじめご了承ください。

     恋  愛 ┃ 結  婚 ┃ 夫婦家庭 ┃ 職場仕事 ┃ 対人関係 ┃ 自  分 ┃ 人  生 ┃ ホーム    
※ご投稿につきましては、ご利用のお願いを必ずお読み頂きご理解、ご納得のうえご投稿して下さい。
※無題のタイトルと匿名のお名前は削除対象です。httpはNGワードです。
※タイトル、お名前、内容、パスワード(8文字)は入力必要です。
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム ┃削除依頼  
13 / 777 ツリー ←次へ | 前へ→

中学教師 かんな 10/1/24(日) 22:50

Re: チマタのおっさんだな 10/1/28(木) 22:17
Re: かんな 10/2/2(火) 21:57
Re: 4930 10/2/3(水) 11:47
Re: まっちゃ 10/2/3(水) 23:34
Re: かんな 10/2/5(金) 0:19
Re: まっちゃ 10/2/8(月) 22:36
Re: かんな 10/2/10(水) 22:58

Re:
 チマタのおっさんだな −−
 - 10/1/28(木) 22:17 -

引用なし
パスワード
   昨今、学級崩壊がよく取り沙汰されていますが、決して最近の少年が昔よりも悪いのではありません。大昔から学校という所は、そんな事態が当たり前のように発生している場所なのです。

>校長などは、仕方のないことだ、大けがさえなければ、多少の暴力を生徒から受けるのも仕事だ、くらいの返答です。
校長の話はとても妥当だと、私は思っています。
そもそも子供が育つ過程で不良な時期はあるものです。だからと言って、その子は一生悪者ではないのです。誰しも、少年期には今では考えられないような後悔の行動を起こした事があるものです。それが「育つ」ということです。

中学校の教師とはどんな職業なのか、勘違いしているのは、教職を目指す昨今の若者のほうだと私は思います。
私はあなたに耐えろと言っているのではありません。あなた自身が壊れてしまうのであれば辞めたほうが良いでしょう。
あなた以外に、教職に向いている人、同じ事態でも平気でこなしてゆける教師は、実際に日本中にたくさんいます。

Re:
 かんな −−
 - 10/2/2(火) 21:57 -

引用なし
パスワード
   冷静かつ正しいご意見ありがとうございます。
確かに不良少年自体は当たり前の光景であり、中学時代というのはそういうものなのかもしれません。そういう年齢の子どもたちを相手にしているのですから、ある程度仕方のないことなのは理解しているつもりです。
でも、暴力を生徒から受けても、それも仕事、というのは割りきれません。
一昔前とは違い、保護者の指導力が大幅に欠如しておるのも否定できません。
すべてを学校が背負っている状態です。
辞める、辞めないの答えは私自身が決めることではありますが、この現状、どうにも打破できない学校社会の現状に共感できるご意見を聞きたかっただけなのかもしれません。

Re:
 4930 −−
 - 10/2/3(水) 11:47 -

引用なし
パスワード
   自分を思い返してみても、中学時代ほど嫌な時期はなかったです。
親にも友達にもぶつかって、いきがって、自分に意識が向かうから人のことは考えられなくて
心の状態が落ち着く時はいつも無かったです。
そんなことばっかなので親も相手にしてくれなくなります。
よく中学生の頃、中学教師にだけはなりたくないな、こんな自分らみたいなアホの相手出来ない、と思いました。
心が不安定な人間を扱うので、非常に難しい仕事だと思います。

Re:
 まっちゃ 35〜39歳−女−主婦
 - 10/2/3(水) 23:34 -

引用なし
パスワード
   >確かに不良少年自体は当たり前の光景であり、中学時代というのはそういうものなのかもしれません。そういう年齢の子どもたちを相手にしているのですから、ある程度仕方のないことなのは理解しているつもりです。
>でも、暴力を生徒から受けても、それも仕事、というのは割りきれません。

割り切る、というより、受け止めることなのかも知れません。


>一昔前とは違い、保護者の指導力が大幅に欠如しておるのも否定できません。
>すべてを学校が背負っている状態です。

地域性もあるかと思います。
地域が荒れているのであれば、一個人ではどうしようもない。
転勤願いは出せませんか?


>辞める、辞めないの答えは私自身が決めることではありますが、この現状、どうにも打破できない学校社会の現状に共感できるご意見を聞きたかっただけなのかもしれません。

うーん… 心身ともに壊れる前にお辞めになられることをおすすめします。
教師はつぶしがききません。(転職に有利な経歴にはならない、という意味です)
少しでも若いうちに転職しないと。

スレ主さん、まじめに抱え込む方なのではないかと感じました。(私もそうなんです)
男性だったなら、妻に家庭を支えて守ってもらって、教育に全力投球もできるけど……それでも自身の家庭はバランスを欠くでしょうね。
自分の家族を守ることが大切なら、教職という厳しく難しい仕事は、他のもっと向いている方々にお任せしてもよいのでは? 主さんが抱え込む必要はないはずです。

私も以前、子どもに関わる仕事をしていて、子どもたちに救われ、親の方に助けていただいて、自分の未熟さを許していただいて、辛いことも色々あったけど、なんとか頑張りました。が、結婚を機に辞めました。
子どもたちの幸せに責任のある仕事だからこそ、家庭との両立は、私の能力とキャパではムリ!!!でした。

まず自分の子どもを丁寧に育てられる時間がないと、将来、自分の子が常識のないバカ親に育ってしまい、子育てを間違うかもしれません。
主さんの学校で荒れているのは、そういう、丁寧に育ててもらえなかった子どもたちなのではないでしょうか。

Re:
 かんな −−
 - 10/2/5(金) 0:19 -

引用なし
パスワード
   みなさん、返信ありがとうございます。
わが子の事を考えると・・・本当に心が痛いです。仕事の犠牲になっていますね。
丁寧に育てられていない、といわれるとその通りかもしれません。
少しでも早く転職を、ということも何度も考えました。でも思いきれない自分もいます。
やりがいももちろんあります。
嫌なこと、つらいことばかりではなく、感動すること、良いこともあるから辞めきれないのはわかっています。

しかし、どうしようもない不良どもの相手をするのは心底疲れます。
中学は退学も停学もないので、本当に甘い環境です。

今日もお昼ごはんも食べられないくらいの忙しさでした。昼には見回りがあるからです。


まだまだ気持ちの整理のつかない日々が続きそうです。

Re:
 まっちゃ −−
 - 10/2/8(月) 22:36 -

引用なし
パスワード
   なるほど。
教師を続けたいけれども、苦しい環境だということですね。

ならば、やはり別の学区への転勤か
私立中学に就職
がベストではないかと思います。

それができない期間は、教頭先生のアドバイスを受け入れるしか無いのでは。
彼も、主さんのようにやりがいを感じて、長年頑張ってきた方です。でも、この数十年の間に、これも仕事と割り切るしかない…という知恵を持つようになったのでしょうね。
もやもやは残るけれども、誰もが熱血で素晴らしい指導ができるわけではありません。不良どもへ使うエネルギーは極力少なく、心と目をつむって、その分を他の生徒や自分家庭に向けるのが、教頭先生の知恵なのでしょう。

割り切れないものを割り切るのも、必要だと思います。
独身時代ならともかく、守るべき者がもうあるのですし。
あれもこれも 情熱を傾けるのは、現実的にはムリです。現場はマンガやドラマじゃないもの。

それでも不良どものことが気になって仕方ないなら
マンガみたいなことを言いますけど
彼らを注意したり叱ったりしないで、まずは会話ができるように、こちらから何歩も譲ってあげなければいけないです。
真剣に向き合うか、煙たがるのか。
子どもはすぐに見分けちゃいますからね。

Re:
 かんな −−
 - 10/2/10(水) 22:58 -

引用なし
パスワード
   返信ありがとうございます。そうですね。今の学校も長いので、そろそろ転勤もあるかと思います。
気分を変えたほうがいいかと、自分でも思っています。
不良どもには、当然何十歩も何百歩も譲って接しています。まともに怒っても、無意味ですし、伝わりませんので。
話し込んだり、まったく別の作業を手伝わせたりして、関係をつなげたり。
あの手この手で迫っています、が、変わりませんね、彼らは。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム ┃削除依頼  
13 / 777 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
0
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.
※投稿記事の削除は該当記事のパスワード入力欄にパスワードを入力して「削除」をクリックしてください。
     恋  愛 ┃ 結  婚 ┃ 夫婦家庭 ┃ 職場仕事 ┃ 対人関係 ┃ 自  分 ┃ 人  生 ┃ ホーム